ギターコードの種類としくみ、初心者はまず簡単なものを弾いてみよう!

ギターを練習するならまずは、ドレミなどの単音メロディかコードを覚える必要があります。

ここでは、メロディではなくコードの方を勉強していきましょう。

 

コードを覚えると弾き語りができるので、ギターを演奏するのが楽しくなりますよ

コードの仕組み

まずはコードの仕組みから紹介します。

ひとつの音を「単音」といいますよね、それを複数同時に鳴らすことを「和音」といいます。

この和音がコードのことで、複数の音が同時になることで重なり響き合うキレイな音が出るのです。基本は音程の異なる3つの音で構成される3和音となっています。

 

コードネームと3和音について

まずはこちらをご覧ください。

これはCコードの構成音です。

Cコードはド・ミ・ソの3つの音程から成り立っているコードです、その一番低い音がルート音、つまり基準の音になります。

「ド」の音は英語で表すと「C」となるため、この音符のコードネームは「C」ということになります。

 

これと同じように、「レ」を基準にしたルート音「D」、「ミ」を基準にしたルート音「E」などがあるのでまずはそのコードから覚えていきましょう。

 

 

コードネームの表記について

上の図からもわかるようにルート音をみると、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シの順番になっていますが、コードネームは、C・D・E・F・G・A・Bの順番になっていますよね。

実は、僕たちに馴染みの深い「ド・レ・ミ」はイタリア語で、ギターでは英語の「C・D・E」というアルファベット表記が多様されるんです。

イタリア語 「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」
英語 「C・D・E・F・G・A・B」

 

本当によく使われるので、C=ド、D=レ、E=ミ、F=ファ、G=ソ、A=ラ、B=シ と早い段階で覚えておくことをおすすめします!!

 

コードの種類について

コードは大きくわけると、明るい響きをもつメジャーコードと暗い響きをもつマイナーコードとなっています。

さらに追求すれば、7thコード、メジー7th、マイナー7th、sus4などがありますが、初心者向けのここでは割愛します。

 

 

まずはメジャーコードとマイナーコードから覚えていきましょう。

ダイアフラム(ギターコード表の紹介)

ここから、コード一覧をみながら実際に練習していくのですが、コード表が読めないと練習できませんよね。

そこでまずは、ダイアフラム(ギターコード表)の読み方を紹介していきますので参考にしてみてください。

 

ダイアフラム(ギターコード表)はヨコ線が弦、そしてタテ線がフレットを表しています。書かれた位置をそのまま指で押さえることができるのでとても便利な表となっています。

 

例)Cコードを示したダイアフラム

こちらのCコードを示したダイアフラムをご覧ください。

このようにどの指でどのフレットを押さえて、どこを鳴らして、どこを鳴らさないのかを一瞬で理解することができます。

 

コード一覧を紹介

では、先ほど紹介したダイアフラムを使って、CからBまでのメジャーとマイナーコードを紹介していきますので一緒に弾いてみてください。

【C】ルート音「ド」のコード

【Cm】Cマイナー

 

【D】ルート音「レ」のコード

【Dm】Dマイナー

【E】ルート音「ミ」のコード

【Em】Eマイナー

【F】ルート音「ファ」のコード

【Fm】Fマイナー

【G】ルート音「ソ」のコード

【Gm】Gマイナー

【A】ルート音「ラ」のコード

【Am】Aマイナー

 

【B】ルート音「シ」のコード

 

【Bm】Bマイナー

 

まとめ

まずは基本的なコードの仕組みと、その押さえ方を紹介させていただきました。

初心者の方はここから覚えてみましょう。Fコードは初心者には難しいと言われていますのでゆっくり練習して指が動くようになってからチャレンジしてみてもOKです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です