ギターのGコード、ルート音Gでよく使われるコードを紹介

Gをルート音にしたよく使われるコードを紹介します。

まずは、コードの特徴をご覧ください。

代表的なコードの特徴

・メジャー・コード

コードの基本形で、ロックやポップにはかかせんない、基本的な3和音、明るい響きが特徴となっています。

・マイナー・コード

メジャー・コードの第3音を半音下げると、悲しいような暗いような響きのコード、マイナー・コードになります。

・セブンス(7th)・コード

メジャー・コード、ド・ミ・ソの3和音にシ♭の音を足したのがセブンス(7th)・コード、ブルースではお馴染みのコードで独特なクセのある渋い響きとなっています。メジャー・コードと比べるとやや不安定な響きに聞こえます。

・メジャーセブンス(7th)・コード

メジャー・コード、ド・ミ・ソの3和音にシの音を足したのがメジャーセブンス(7th)・コード、広がりのあるオシャレな印象の響きになります。ジャズなどでよく使われるコードです。楽譜によっては、CM7、C△7とも表わされます。

・マイナーセブンス(7th)・コード

マイナー・コード、ド・ミ♭・ソの3和音にシ♭の音を足したのがマイナーセブンス(7th)・コード、マイナーコードより少し悲しさが薄れたややクールな響きとなっています。

 

これら、代表的なコードの特徴を踏まえて、Gコード、ルート音Gでよく使われるコードを紹介していくので参考にしてみてください。

Gコード、ルート音Gでよく使われるコードを紹介

 

・G(Gメジャー)

・Gm(Gマイナー)

・G7(Gセブン)

・Gmaj7、GM7、G△7(Cメジャー・セブン)

・Gm7(Gマイナー・セブン)

 

まとめ

 

ギターのGコード、ルート音Gでよく使われるコードを紹介しました。

ダイアフラムを見ながらぜひ練習してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です