ギターのチューニング方法、基準音や種類、ヘルツなど一挙紹介!

ギターを購入したり、弦を張り替えてまずやるべきことはチューニングです。

 

チューニングとは各弦の音程を決められた高さに合わせることをいいます。

ギターの音程が合っていなければ、どれだけきちんと演奏しても良い音にはならないので、弦を張り替えた時はもちろん、練習の前には毎回必ずチューニングするようにしましょう。

ギターのチューニング方法

・各弦の音程を確認する

まずは各弦の開放弦の音を確認しましょう。(開放弦=弦を何も押さえずに鳴らした音)

 

ギターの開放弦の音は、レギュラーチューニングの場合、6弦から「E、A、D、G、B、E」となっています。

 

ここでえっ?「E、A、D、G、B、E」って何?

と思う方もいるでしょう!

実は、ギターでは、音程を、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドではなく、A・B・C・D・E・F・Gなどアルファベットで呼ぶのが一般的なんです。

 

つまりド・レ・ミをアルファベットに変換するとこのようになります。

ド=C

レ=D

ミ=E

ファ=F

ソ=G

ラ=A

シ=B

ギターのチューニングは、6弦から、E(ミ)5弦=A(ラ)4弦=D(レ)3弦=G(ソ)2弦=B(シ)1弦=E(ミ)と決まっているんです。

 

 

この各弦の配置と音程の順番はチューニングのとき必要なので、暗記するしかないのですが、僕の場合は語呂合わせて覚えています。

6弦「E」=イ

5弦「A」=エ

4弦「D」=デ

3弦「G」=ギターの練習

2弦「B」=B’zを

1弦「E」=演奏する

 

どうですか、このように語呂合わせすると覚えやすいと思いませんか?

 

・各弦の音程をペグを回して調節する

それでは各弦の合わせるべき音程がわかったところで、ペグを、回して音程を調節していきましょう。

 

ギターはペグをしまる方向に回すと弦が張って音程が高くなります、逆にゆるめる方向に回ると弦の張りが弱くなり音程が低くなります。

 

・チューナーにつなげて基準の音に合わせる

では、ペグを回してどうやって基準の音に合わせるのかいうと、チューナーを使うことで素早く、正確に合わせることができます。

 

ちなみに僕が使っているのはこれです。

これはアマゾンで1,200円ぐらいで購入した、クリップチューナーというものですが、最近はこのように、ギターのヘッドに挟むだけでチューニングできる商品があるのでとても便利です。

アマゾンでは、いろんな種類が売ってあるので、まだ持っていない方はチェックしてみてください。

>>アマゾンでクリップチューナーを確認

 

・チューナーの使い方

チューナーは各メーカーからいろんなタイプが発売されていますが、基本的な操作はほとんど同じです。

ギターにつなげて、開放弦を鳴らして、最初に紹介した基準の音に合わせるだけです。

 

ではどんな感じで合わせるのか、僕が持っているクリップチューナーで確認してみることにしましょう。

例えば6弦をE(ミ)の音に合わせたいとします。

 

まずEに合わせるために、ペグをしまる方向に回していきます。

すると、B→B#→C→C#→D→D#と段々とEに近づいてきます。

D#の次はEなので、もう少し回していきます。

すると針がEの左側に表示されるようになりました。

正確に音程を合わせるにはこの針を真ん中に合わせる必要があるので、さらにペグを回していきます。

このように針が「E」の真ん中にくれば6弦のチューニングはOKということになります。

 

回しすぎると、針が右側に触れたり、Fまでいってしまったりするので注意してください。

これだとEを超えているので行き過ぎです。

この要領で、5弦から1弦までを同じように決められた音程に合わせていきます。

 

1度6弦から1弦まで合わせたら、何度かギターの弦を弾いて、もう1度チューニングしましょう、弦が馴染むまでチューニングが狂ってしまうので、何度か繰り返すのがコツです。

 

ギターのチューニングの注意点

続いてギターのチューニングでの注意点を紹介したい思います。

・Hz(ヘルツ)周波数を間違えないように注意

チューナーの中には、Hz(ヘルツ)周波数を簡単に変えられるものがあります。

中には知らずに変えてしまってチューニングしてしまうことも・・・・

ですが、ギターでよく使われる周波数は440HZです。正しくチューニングしても何かおかしい、と思った方はチューナーの周波数が変わっていないか確認してみましょう。

 

では、なぜ周波数が変えられるのかというと、管楽器や生ピアノの周波数が、442HZで調律されていることが多いからです。なのでクラシック音楽や生ピアノに合わせてチューニングしたい時だけチェックしてみるといいでしょう。

 

・ギターの正確なチューニングのコツはしめる方向で!

ギターのチューニングをするとき、ペグを回しすぎて基準の音より高くなることがあります。

そこで基準の音に合わせるためにゆるめると思いますが、ゆるめる状態でチューニングを合わせてしまうと、弦のゆるみにムラが生じて音程が不安定になることがあります。

なので、ペグを回しすぎて基準の音より高くなった時は、一旦、また合わせたい音より下げて、もう一度しめる方向で合わせるのがコツです。

 

その他のチューニングの種類、変則チューニングを紹介

ここまでは一般的なレギュラーチューニングを紹介してきました。

ですが、レギュラーチューニング以外にも、サウンドに独自の効果を出すために採用される変則チューニングがあるので紹介したいと思います。

・全弦半音下げチューニング(ハーフトーンチューニング)

その名の通り、全ての弦を半音下げたチューニングです。

このチューニングにすることでサウンドに厚みをつけたり、ボーカルの高音域の負担を軽減することができます。

 

・ドロップDチューニング

6弦だけを1音下げるのが、ドロップDチューニングです。

低音のパワプルな響きが特徴で、6弦ルートのパワーコードを指1本で押さえることができます。

 

まとめ

今回は、ギターのチューニング方法、基準音やチューニングの種類、ヘルツなどを紹介させていただきました。

チューニング(音程)が合っていなければ、どれだけきちんと演奏しても良い音にはならないので、練習や演奏前にはチューナーを使ってしっかりチューニングしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です